【馬~いDX  フィリー&メアターフ 】


今回の舞台はアメリカ!
それも競馬の祭典
ブリーダーズカップDAY

11月4日、5日で
なんと13のG1!

アメリカって・・・13は不吉じゃ
なかったのかなΣ(゚д゚|||)
2日間にわけてるから
いいとか?

まぁ買えるのは日本馬が出てる
1レースのみですけどね

「BCフィリー&メアターフ」
芝の牝馬チャンピオンを決めるレース

では今回のポイント

そもそもブリーダーズカップの開催場所が
持ち回り制なんで
コースも距離も毎年同じでは
ありません・・・・・・

今年はサンタアニタ競馬場
芝2000mですね
間近では12~14年に開催されてます

だから過去の傾向を探っても
あまり意味が無いというかね

ただし、現在のブランドなのか
血統傾向はかなり偏りがあります

ダンジグ系
サドラーズウェルズ系

もうこの2系統でお祭り状態
((((;゚Д゚)))))))

父ダンジグ×母父サドラー

父サドラー×母父ダンジグ

こんな馬ばっかりです

一応、サンタアニタの
芝2000m適性がありそうな
血統傾向をピックアップしてみました

上記の2系統が王道ですが

ちょいちょい好走するのが

ミルリーフ系
というかダルシャーン
あとはニジンスキー

ゴーンウエストなどの
ミスプロのダート部門

ブラッシングブルーム

似たような血統が好走馬に
多いというか・・・・
出てくる馬がほぼこんな感じです

今年の出走馬も
まぁ血統面はほぼクリアしてます

ヌーヴォレコルトも一応
母母父がダンジグ産駒
チーフズクラウン。
ちょっと面白いのは
母父スピニングワールドは
BCマイル、母母父の
チーフズクラウンはBCジュベナイルと
意外とBC母系です


脚質は基本的にスピード持続力の
ゴリゴリ系先行有利

固い馬場に適正がありそうな馬が
よさそうです

日本なら
阪神2000m、中山2000mの
良馬場といった感じですね


では現時点で狙う馬です

・LadyEli レディイーライ
なんとデビューから6戦無敗で
不慮の事故で蹄を傷つけてしまい
1年がかりで復帰戦を2着
前走を勝利で7勝2着1回という
パーフェクト連対は継続中

・Avenge  アベンジ
サンタアニタで4勝のコース巧者
前走も同舞台2000mを逃げ切り勝ち

・KitCat キットキャット
単純に時計勝負なら勝ち負け
出来そうなチリの伏兵馬
前走唯一のマイル戦からの参戦も
サンタアニタで1.33.0と好タイム
2走前に1.56.9で勝利した
2000mへ順調なステップだ。
※なんとこの馬最低人気かもしれない
  よだれが出そうだ(ノ∇≦*)


以下
2走前に後に先日の凱旋門賞を
勝つことになるファウンドを降した
SeventhHeaven セブンスヘブン
鞍上はR・ムーア
凱旋門賞上位を独占した
オブライエン厩舎のガリレオ産駒に
R・ムーア騎手
鬼に金棒的な組み合わせである
((((;´・ω・`)))


Queen,sTrust クイーンズトラスト
父がダンジグ系ダンシリ
ダンシリは
自身の姉妹にフィリー&メアターフの
勝ち馬を持ち
産駒からも勝ち馬を輩出しています
このダンシリに
母父がミスプロ系キングスベストで
血統的にも合格。

こちらの鞍上もL・デットーリで
頼もしい限り
(∩・∀・)∩ キャー


やはり大穴は
キットキャット
これが来たら年末年始は
旅行三昧ですな
♪───O(≧∇≦)O────♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント