【馬~い話DX 桜花賞  全頭チェック】

いよいよ今年の3歳クラシック開幕!

まずは3歳牝馬の一冠目
「第76回 桜花賞」

では、さっそく
枠順と全頭チェックです


1-1 キャンディバローズ(菱田)
今回はスタート速い馬もいますから
案外折り合いって内枠を活かせるかも
しれませんがファンタジーSは
先行有利で相手関係も楽だったと
考えてもいいでしょう

1-2 ブランボヌール(三浦)
前走の内容から厳しいでしょうし
ここは無印です。
阪神マイルではキレ不足

2-3 メイショウスイヅキ(松山)
これは・・・厳しいです

2-4 ソルヴェイグ(蛯名)
桜花賞で好走するとは思えないです
人気するんでしょうか?キレ負けしそう


3-5 メジャーエンブレム(C.ルメール)
この馬に逆らう必要があるのでしょうか?
名牝ダイワスカーレット級の
大物かもしれません。
素直に◎です。


3-6 ビービーバーレル(石橋)
ハナを切れるかどうかですが
内枠の今回は前走よりは良いか。


4-7 デンコウアンジュ(川田)
現時点で◎を負かした唯一の馬
前走で一応、恰好はつけたが。


4-8 アッラサルーテ(和田)
前に行けるという利点のみだが。

5-9 ジープルメリア(松田)
ノーマークで良いと思います

5-10 アットザシーサイド(福永)
あまり器用な印象は無く
道中の位置取りと脚の使いどころ
そこそこヤレるはず

6-11 レッドアヴァンセ(武豊)
母エリモピクシーの優秀さを感じる
兄達同様に重賞レベルまでは来るが
ワンパンチ不足するのもこの血統
減った体重を戻してどこまで。


6-12 シンハライト(池添)
チューリップ賞勝ち馬というだけで
評価は高い。しかもレース相性が良い
ディープ産駒となれば人気も確実


7-13 ジュエラー(M.デムーロ)
ヴィクトワールピサ産駒というのが
鍵となりそうだがイメージと違い
この馬はサンデー系のキレをしっかり
受け継いでいる。有力

7-14 カトルラポール(秋山)
キャリアは多いがここでは
相手が強すぎる。距離短縮で。

7-15 ラベンダーヴァレイ(戸崎)
血統的にはこの馬が桜花賞っぽい
父ディープ×母父フレンチ
先行勢の後ろで脚を溜めれれば。


8-16 ウインファビラス(松岡)
昨年末は10番人気2着と
正直儲けさせて貰ったが
今回は強くは推せない

8-17 アドマイヤリード(藤岡康)
厳しいでしょう

8-18 メイショウバーズ(古川)
ちょっと買えませんかね・



という事で今年の桜花賞は

メジャーエンブレム

この馬の相手探しで
良いという事になりました

しかも相手も
桜花賞組が本線という
おもしろくない結果

3歳牝馬ですから
コース未経験馬の中で
とんでも無い適性を隠し持つ馬が
いてもおかしくないですが・・・・・

観て楽しむ桜花賞ですね
まぁ花見感覚。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。