【馬~い話DX スプリンターズS  血統から考える】

秋のGⅠシーズン開幕!

まずは中山
「スプリンターズS」

今回は好走する血統適正を
考えてみたいと思います

まず強調したいのは
各重賞を席巻している
サンデーサイレンス系は
過去5年(昨年は新潟開催で
実質6年)でみても
出走馬が極端に少ないんです
そもそもスプリント適正が低いというのが
大前提ですが、その中でも
今回の舞台である
中山1200m
そしてここにリンクする
札幌1200m
函館1200mも含めて
ほぼ適正はありません

しかし今年は
ウキヨノカゼ(父オンファイア)
ウリウリ (父ディープインパクト)
コパノリチャード(父ダイワメジャー)
サクラゴスペル(父サクラプレジデント)
ストレイトガール(父フジキセキ)
フラアンジェリコ(父ネオユニヴァース)
ミッキーアイル(父ディープインパクト)
レッドオーヴァル(父ディープインパクト)

実に半数が父サンデー系種牡馬

これは・・・・・・面白いことになりそうです
サンデー系で買えそうなのは
過去にも好走馬を出した
フジキセキ
※好走血統インリアリティ保持
そして
中山1200mで脅威の好走率の
サクラプレジデント

このあたりでしょうか

いずれにしても馬券の軸は
非サンデー系から選んだほうが
妙味がありそうです

例えば血統的に良い感じなのは

・アクティヴミノル

父スタチューオブリバティは
ノーザンダンサーのストームキャット系
母父はサンデー系のアグネスタキオンですが
母母父がキングマンボ
このキングマンボは父ミスプロで
母父ヌレイエフ(ノーザン系)

もう1頭
好走血統がかなり重ねて配合されている
こんな馬もいました
※濃すぎる気もしないでも無いが

ティーハーフ

父ストーミングホームは
ミスプロ系ですし
その母はノーザンダンサーと
ミスプロをどちらも保持していますね
さらにティーハーフの母
ビールジャントはノーザンダンサー系
ダンジグ産駒のグリーンデザート
を父に持っているだけではなく
母をたどればレイズアネイティヴも出てきます

スプリンターズS好走血統をこれでもか!という
配合ですね
5代血統から
ミスプロ 3×4
レイズアネイティヴ 4×5×5
ノーザンサンサー 4×4
さらに過去にも好走馬がいる
サーアイヴァー 5×4
他にも
ナタルマ 5×4
ヘイルトゥリーズン 5×5

うーん
インブリード凄いな!!
一応、好走適正の
北海道シリーズの勝ち馬だけど
レースレベルも疑問ですし
脚的にもねぇ・・・・・・


結論から言うと
サンデー系から買うなら
フジキセキのストレイトガール
非サンデー系なら
アクティヴミノルもしくは
ティーハーフという感じです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント