【馬~い話DX 小倉記念回顧と関屋記念の適正】

まずは先週の小倉記念の結果から

勝ったのは
アズマシャトルでした
小倉は初参戦で実績からも
形式上の格上挑戦
2000mのスペシャリストに
なりつつありますし
人馬ともに重賞初制覇!
潜在的なコース適正では
評価していた馬でしたね

2着にベルーフ
道中は少し
かかった感じもしてたのですが
小回りと距離適性と斤量での好走でしょうか?
ちょっと軽視しすぎたと思います

3着に潜在コース適正は◎とした
ウインプリメーラ
やはり最後は止まってしまいましたが
和田騎手もベストな騎乗だったと思います
ベストは1600~1800mで決まりでしょう

4着に血統面で評価した
クランモンタナ
近走が惨敗続きでしたが
特注血統のトニービンを持ち
初の小倉で覚醒を期待しましたが
納得の好走。

5着にマローブルー
これは小回り適正に疑問ですね
広いコースで脚を溜めた方が良いはず

ちなみにメイショウナルトは
ちょっと当初の懸念どおりに
早い時計が厳しかったかもしれません
年齢的なものでしょう


では今週の重賞ですが
札幌「エルムステークス」
新潟「関屋記念」です


テーマは
「関屋記念はちょい長めの適正」

左回り適正は必須条件です
好走適正コースは

①東京1800m
②東京2000m
③新潟1800m
④東京1600m
⑤新潟1600m
⑥阪神1800m
⑦その他2000mまでの重賞0.5差以内

直線がとにかく長いコースですから
単純に瞬発力とスピードだけでは
好走は難しいので
スピードを持続させる能力を重視します

2000m以上ですとマイルのスピードに対応
しきれない可能性がありますので
ちょうど判断しやすいのは1800m

特に左回りでワンターン
直線も長く時計も出る
東京1800mを特注コースとしておきます

・エプソムC
・毎日王冠
・府中牝馬S

これらの重賞での好走馬は注意です
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。