【馬~い話DX アイビスサマーダッシュ 血統】

先週で7月の競馬が終わり
今週末から
新潟・札幌・小倉が開幕!
注目は
夏競馬の風物詩
1000m直線重賞
「アイビスサマーダッシュ」です!

まずは血統面から
どんなタイプが狙えるのかを
考えていきます


★父サンデー系は相当厳しい
そもそもあまり1000m直線に出てくる馬も
いないからというのが現実です
近5年で13頭くらい?
全て馬券圏外
ただ今年は面白い存在が1頭。

★意外と似ている好走タイプ
このレースで馬券になった馬達を
並べてみると結構、似たタイプばかりです。
①・ミスプロの血を持っている
②アメリカ型ノーザンダンサー
③ダート血統の芝短距離馬

これらの条件に合う馬が狙い目

さらに相性のいい適正種牡馬である
クロフネ産駒はダート血統をクリアするうえに
ここに出てくるという事は芝短距離馬
相性がいいのも頷ける

今年狙いたいのは

ネロ
エーシントップ

エーシントップの父は
テイルオブザキャト
ネロの父は
ヨハネスブルグ

実はこの父2頭は
叔父と甥の関係であり
適正が合えばどちらも好走するはずだが
ネロはまだしも
トップの方はスプリント適正が疑問

ネロを素直に信頼
ダウンロード3



好相性のクロフネ産駒からは
セイコーライコウ
アースソニック
レンイングランドという
適正抜群な3頭がスタンバイ
この3頭が揃って馬券を外すとは
考えられず・・・このカテゴリからは
軽量3歳馬
レンイングランドに期待したい

そして冒頭に書いた
鬼門なはずの
父サンデー系から注目の1頭
シンボリディスコ
父アドマイヤマックス
サンデー系の中でもパワー型短距離馬
これなら適正が向くのも納得
昨年同様、調子を上げてきた夏馬だ!
重賞初挑戦だがここが目標のはず。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。