【馬~い話DX 天皇賞秋の好走適性馬】

秋のGⅠ馬券勝負
4戦2勝2敗
(・Д・)ノ今週も頑張ります!

それにしても、また台風の影響で
道悪となりそうですね
菊花賞と違って今回は歴戦の猛者達
強い馬は強いですからね
あまり考えすぎると良くないかと。

なぜなら、この天皇賞秋というレースを
振り返ってみると意外な事実が
見えてきます。
それは「キレ」なんていらない事です
東京の芝2000mのGⅠですから
さぞかし上がり32~33秒台の勝負的な
印象ですが実はそんな適性は必要ありません。
あ、必要ないというのは言い過ぎですね。

あくまでもそんな決着になる事は少ない
という事実。
だからこそ、難しくなったのが
正直、惨敗しそうな気もする
キタサンブラックの評価
現代競馬でこれ程の実績を残す馬が
上がり3ハロンで34秒を切ったのは
たった2度。昨年の京都大賞典と
昨年の大阪杯です。
テイエムオペラオーしかり
メイショウサムソンしかり
非瞬発力型の王者が天皇賞秋を
制せたのも頷けますね。
コース⇒適性外のはず
レース⇒適性アリとも言える
((((;´・ω・`)))どう判断するか。


では枠順と登録段階の各馬の短評です
※短評は枠順確定前(火曜日のもの)

サクラアンプルール(牡6蛯名)
・今年一番の穴馬かもしれない
条件は合うだけに内枠が欲しい。
評価:B
サトノクラウン(牡5M.デムーロ)
過去2年の大敗は適正外した方が良いかも。
道悪ならば・・・」。
評価:B
ネオリアリズム(牡6A.シュタルケ)
2000mは現役トップクラス。ベストは右回りだろうが
休み明けの今回、逃げるかどうか
評価:B
リアルスティール(牡5V.シュミノー)
減点材料は騎手の乗り替わりだけだが
外国人騎手とは合う。壁をつくれる内枠で。
評価:A
ヤマカツエース(牡5池添)
距離スペシャリスト。左回りも悪くないが
上がりのかかる競馬で浮上。
評価:B
ディサイファ(牡8柴山)
府中はベスト舞台、2000mでも内枠なら
道悪も問題にしないがメンタル面次第
評価:C☆
キタサンブラック(牡5武豊)
実績は文句なし、レースを支配する馬
前走大敗をどう判断するか
評価:B
⑧レインボーライン(牡4岩田)
2000mは短いが上がりが掛かるなら
右回りがベストだろう。この馬は今年こそ
年末の有馬記念で買うべき馬
評価:C
⑨ソウルスターリング(牝3C.ルメール)
前走大敗でガス抜き出来たか。斤量差と
脚質はダンスインザムード的印象だが。
評価:C
⑩ミッキーロケット(牡4和田)
右の重賞実績は良いとして初の左回りがGⅠ
スピード不足も時計掛かれば。
評価:C
⑪ロードヴァンドール(牡4太宰)
条件整いここでも単騎逃げ濃厚だが
根本的に能力不足
評価:C
ステファノス(牡6戸崎)
2年連続好走の大舞台、前哨戦を中山に
替えたのがどうでるか。2000mのGⅠに限れば
3戦連続で馬券内の実力馬。
評価:A
グレーターロンドン(牡5田辺)
前走で力は見せたし、キレ味はやはり非凡
ただし今回、それが活かせない舞台かも。
評価:B
サトノアラジン(牡6川田)
東京適性抜群。前走58キロで強い内容
距離は問題ないはず、外枠希望
道悪はやや割引も今の状態なら
評価:A
マカヒキ(牡4内田)
実はここで復活しても良い条件は整う
今回はさらに人気を落とすなら買いの手。
評価:A
⑯カデナ(牡3福永)
能力も実績も足りない。斤量差だけ。
福永騎手はクラシック戦線も含めて
今年の相棒にこのババを
引いてしまったミス。
評価:C
ワンアンドオンリー(牡6横山)
惨敗イメージだが着順ほど負けていない内容かも
1枠1番とかなら今年は特殊条件で復活が無くは無いのだが・・・。
評価:C☆

シャケトラ(牡4C.デムーロ)
未知数。デビュー時に2000mを2分0秒台
能力はあるだけに不気味だが本番は
JCか有馬記念か。ここでは無い感。
評価:B


さてここに
天皇賞秋で人気関係無しに
好走する条件で絞ると残ったのは
④⑥⑫⑬⑭⑮⑰
馬券内に入る馬のほぼ100%
こんな馬達ですけどね
キタサンブラックも
ヤマカツエースが落選して
ワンアンドオンリーと
ディサイファが残っている!
Σ(゚д゚|||)

≪おまけ≫
1番人気が勝てないという
ジンクスがあった天皇賞(秋)ですが
現在は勝率50%くらいあります。
しかし!かなり強烈なジンクスが
もうひとつある事をご存知でしょうか?

それは・・・・・・・・
馬券になった馬は翌年出ても
前年の着順を上回らないジンクス

これ、たしか少なくても2000年以降
100%だと思います。
02年、03年で連覇した
シンボリクリスエスは
実は02年は中山開催でした。
「あくまで着順が上回らない」です
ジェンティルドンナも2着→2着
カンパニーは3着→4着→1着
一度着外に落ちた事でジンクスを
回避した特殊な例。
90年代なら
98年.99年に
ステイゴールドが2着→2着


こうなると前年2着の
リアルスティールは今年も
2着どまりまで。
前年3着のステファノスは
一昨年が2着→3着なので
今年はジンクス的に着外。

要はこのジンクスは
「今、強い馬が好走する」という
鮮度が大事という事でしょうね

リアルスティールは明らかに
昨年より今年の方が
状態は良いです

「信じるか信じないかは
あなた次第です」




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。