【馬~い話DX  安田記念】

これは夢だ
夢に違いない・・・・

否!現実である

先週の日本ダービー
年に1度7000頭の頂点を
決めるレースであるはず

レース中に思う事はひとつ
「一体、何を見せられているのか」
自分の予想力の無さを痛感するしか
ないのですがね

あれから1週間
気持ちを入れ替えるのも
疲れてしまいましたので
明日の安田記念は
シンプルに考えようと思います

「グレーターロンドンは怪物か?」

この問題に関しては
実は数年前にヴァンセンヌで
痛い目に合ってますのでね・・・・

まぁ、そこそこやるでしょ?的な

まずはちょっと絞ります
狙う価値ある
第1グループ
②ディサイファ
④アンビシャス
⑩クラレント
⑭サトノアラジン
⑮イスラボニータ
⑯ロゴタイプ
⑰ヤングマンパワー

第2グループが
⑤コンテントメント
⑥レッドファルクス
⑦グレーターロンドン
⑧エアスピネル
⑪ブラックスピネル
⑫ビューティーオンリー
⑬ロジチャリス
⑱ステファノス

⑦以外はあまり
東京マイルGⅠが向きそうに
ないと思います
⑤⑫の外国馬は騎手込みで
少しだけ考えます

では第1グループから
穴っぽいところの解説

②ディサイファ
正直3年くらい前ならと思いますが
東京適性、内枠適性馬であり
実は東京マイルを使ったのが昨年の
安田記念のみ。
それも日経賞を使った後の
4.5ハロンの距離短縮では
調子が狂うのも必然か。
今年は休養明け初戦に
レコード決着となった
大阪杯GⅠを叩いた事で
昨年よりマイル対応は楽。
先週も見事なエスコートだった
四位騎手も頼もしい。

⑩クラレント
まぁリピーターって事で
今年は逃げても面白いです

⑰ヤングマンパワー
実績的には通用しても良いはずで
昨年左回りマイル重賞を2勝
1.31秒~1.33秒では走れる力で
馬券圏内なら普通にある。

そして期待しているのが
⑭サトノアラジン
適性も高く昨年は完全に
アクセルの踏み遅れで
少頭数なのに上手く捌けなかった
運の無さ。コンビを組んでから
良い所のない川田騎手も
そろそろ結果を出さねば!


という事で
◎⑭サトノアラジン
〇⑮イスラボニータ
▲⑰ヤングマンパワー
△④アンビシャス
△⑯ロゴタイプ
☆②ディサイファ
☆⑩クラレント

こんな感じです


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。