【馬~い話DX  優駿牝馬 結局のところ】

さて3歳牝馬クラシック第2戦
オークス

自分の過去予想記事を振り返っても
かなり相性の悪いレースみたいです

まぁ穴馬を狙いのポイントは
間違っていない年も多くて
毎年同じ様なミスもする

一度、フラットな目線で
オークスを考えてみると
案外簡単なのかもしれません

それは
2400mに拘ると危ない
単純に強い馬は強い

シンプルですね

たしかに三冠レースの
第2戦
それが東京2400mという
舞台であるという揺るぎない
事実。
これって来週のダービーにも
同様の事が言えますよね

過去にどう考えても
スプリンターやマイラーが
人気して大敗したり
その逆もしかり。

ここを目指さざる得ない事実

しかも
同世代で年明け2~3戦目で
対戦済みのメンバーが多いなら
強い(結果を出している)馬が
どんな条件でも強いはず

なるほどね
血統や潜在適性を重視して
穴馬を捜すスタイルの僕には
相性が悪いわけです

結論
東京で上がり最速の脚があり
3走前にカデナを降し
2走前のクイーンCで負かした相手が
NHKマイルC覇者アエロリット
桜花賞馬レーヌミノル
フローラS3着馬の
フローレスマジック
前走大敗でも
これが弱いわけがない
◎アドマイヤミヤビ

〇ソウルスターリング
距離は気にしません
〇リスグラシュー
堅実に差してくるでしょう
▲レーヌミノル
父ダイワメジャーでも
気にしません

そしてフローラS組から
これも距離適性気にしない
姉GⅠ馬、兄GⅡ馬の
ひと昔前の王道
ディープ×ストームキャットの
△フローレスマジック
長くいい脚を使いそうな
これもハールクライ産駒
△レッドコルディス
前走に続いて内枠引いた
△モズカッチャン



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。