【馬~い話 エリザベス女王杯】


そもそもメンバーが微妙な
エリザベス女王杯

盛り上がりませんね
(´・Д・)」

では枠順と各馬のコメントです

1-1 ミッキークイーン(牝4、浜中)
順調では無いでしょうね。
Vマイル2着からぶっつけ本番
実績的には秋天→JCでも
良いと思いますけどね
前哨戦も使えずに牝馬GⅠか。
陣営は成長分と言ってますけど
叩けなかった分が絞れていないという
不安を感じています。
それでも相手関係はかなり楽ですが・・・

2-2 マリアライト(牝5、蛯名)
昨年の勝利と宝塚記念の勝利は
馬場による補正は必要だと思いますし
年齢的にもズブさが出てきていますから
昨年より良いという事はないでしょう
ただ、これも昨年よりメンバーは楽です。

2-3 クイーンズリング(牝4、M.デムーロ)
ある程度前につけて仕掛けを我慢しての
一瞬の脚を引き出す競馬が合ってそうです
距離はそんなに不安はありません
強調するほどではありませんが
前走の勢いで、まぁアリだと思います。

3-4 ヒルノマテーラ(牝5、四位)
コース適性は高いでしょうし
ハマってもおかしくない馬です
悪くはないと思います

3-5 メイショウマンボ(牝6、池添)
これが・・・乗り替わりで変わるか?
2年以上前の話ですが一応メンバー最多のGⅠ3勝馬で
Vマイルの2着でもありますから
新しい旦那様で最後の一花咲かせるか

4-6 プロレタリアト(牝5、杉原)
これは良いですね、京都の外回りは
合うでしょうから相手関係だけです
穴人気しそうではありますが。

4-7 マキシマムドパリ(牝4、武豊)
はい、頑張れば3着あるでしょうね
距離は京都なら大丈夫だと思います

5-8 タッチングスピーチ(牝4、R.ムーア)
昨年3着で京都記念2着
重賞成績から得意舞台っぽいが
馬場恩恵はあったのも事実


5-9 シングウィズジョイ(牝4、C.ルメール)
先週、「神っていた」ルメール騎手でも
ちょっと難しいかも

6-10 シュンドルボン(牝5、吉田豊)
昨年も着差ほど負けていないですし
今年は重賞勝ちの実績つき
血統的にもここはチャンス到来

6-11 デンコウアンジュ(牝3、松山)
うーんいりません

7-12 アスカビレン(牝4、松田)
穴っぽいですが、どうでしょうね
5着あたりに顔出しそうなキャラです

7-13 プリメラアスール(牝4、幸)
逃げるしかないでしょうね。
思い切って大逃げでもどうでしょうか
それでも厳しいでしょうけどね

8-14 シャルール(牝4、福永)
この馬はもっと強くなると思ってましたが
伸び悩みますね
前に行き過ぎると良くないので
今回は後方で折り合い重視でしょうが
能力は足りそうな気もします

8-15 パールコード(牝3、川田)
かなり馬券に絡む3歳馬で
一応、今年の3歳馬で前走GⅠの
最上位馬ですが前走の舞台が
明らかに向いていそうなので
大外枠という事で今回は
見送りたいです。



という事で本命候補は

③クイーンズリング
⑩シュンドルボン



相手
①ミッキークイーン
②マリアライト
⑦マキシマムドパリ
⑧タッチングスピーチ


今年は実績下位の馬は
いらないと思います

あるとすれば

⑤メイショウマンボの
 最後の大駆けに期待ですが
 心を鬼にして厳しいとします
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。